プロフィール

黒らぶ

Author:黒らぶ
ペットブログとか作ってご隠居するにはちと早いんじゃなかろうか。
前科1犯(ムシワキ)



南天:オカメインコ
ホワイトフェイス
ファロー謎パール
1歳
110gくらい
性別不明
→♀確定
マッタリ大胆系
好きなもの:OA機器・食べ物・編んである紐・綿棒



父さん妖怪の気配が!

黒沢:オカメインコ
どノーマル原種
10歳
75gくらい

積極的なビビリ
好きなもの:新聞折込広告・人間・糸・ディープキス


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相方に「透明人間になれるよ!!」
と言われた事件(事故)が起きました。
何のことだかサッパリわからんのですが、とにかく文字を打つのに支障がありました。
ちょっとこう・・・明記すると支障があるので書かないんですけど、
「透明人間」のキーワードでピンとくる方はいらっしゃるんでしょうか。
ゴメーンゴメンナサイ(´д`;;;











さて、繁殖されてるお宅では、オカメさん達は春に向けて準備期間というところなのでしょうか。













タマゴ騒動やら透明人間やらでワラワラしておりましたが、
南天はメスだということが判明致しましたので












10021_01




考察【南天の遺伝子に迫る:本編】より
南天はWFシナモンファローパールであることが確定しました。



南天父はWFシナモンファロー/spパール

南天母はWFルチノー/SPファロー
(ルチノーパールであるかどうかはこの結果からは確定できない)



です。



















なんでオスかと思っていたかどうかは、

伴性遺伝の法則により、

♂親が性染色体劣性遺伝子
の形質(シナモン・ルチノー等)の場合
「♀の子は♂親と同じ羽色になる」


となるからです。











なぜ法則どおりにならないのか。












いえ、法則通りであるはずです。

突然変異級のよっぽどのことがなければね!













南天の場合はシナモンであり、ファローでもあるので


シナモン→性染色体

ファロー→常染色体


と別々の染色体上でそれぞれが発色しているはずです。













はず!!
( ゜□ ゜)




















しかし、シナモンファローとは言ってるけれど




南天の見た目は
完全にファローです。





100221_02


赤い目にピンクの足とクチバシ、
体は淡いオフホワイト(のパール)














ファロー(薄色赤目)がシナモン(濃色黒目)より優先的に表現されるということに、
なんていうか~、感覚的な意外性はあります。
人間だと大抵色が濃いほうが優性遺伝ですしね~?












ここで1ヶ月くらい悩んでました。







**********しばらくお待ちください。***********


※ このへんからもう読まなくていいです。(´д`)







なぜだ?オカシイ。
シナモンファローがなんでファローなんだ?


優性遺伝子の形質が現れる表現型、とも違うんですよね。
あくまで同列に表現されているはずなのに、同時に発現する「シナモンファロー」という色ではなくて、
シナモンが消えてファローになってしまうんです。

ファローの体色はかなり濃淡の個体差があり、シナモンに近い茶色からほとんど白でルチノーと区別がつきにくいものまでいるみたいですから、体色では区別がつきにくいかもしれません。
はっきり分れる可能性があるのは目の色かな。
黒目なの?赤目なの?中間的に葡萄目なのか?
ショップさんとかですと、「赤目ですが色が濃いのでシナモン入ってます」とか「薄いのでルチノー入ってます」とか書かれていたりもします。
そういうもの・・・なのだろうか!?
二つ合わさってちょうど中間になるとは限らないのが遺伝だし。
そこに何か法則はないのだろうか?

そもそも常染色体と性染色体で同じ作用(体色)に影響するって珍しくないですか?
他の鳥や動物でも同じような例はあるのかなー。
伴性遺伝てだけで非優先になるのでしょうか。
ルチシナの場合は、見た目シナモンになるそうなんですが(全ての場合そうなるのかどうかは不明)、シナモンのほうが色が濃いからルチノーが埋もれてしまうんでしょうか。
シナモンファローの場合は色の薄いファローのほうが優先なのかよ??

シナモンファローの個体をたくさん見て羽色を比較
すれば答えがわかるんでしょうか。
私の知る南天以外のシナモンファローは2羽

①元親ポコさん宅の南天の父グレイ様
南天お迎えの時に「この子ですよ!」と見せてもらったような気がするんですが、全然羽色を覚えていません。
どっちかっていうとマメ太義父さんの印象のほうが強くて・・・

②モモちゃん号さんちのるび太ちゃん(♀)
シナモンの両親から生まれた赤目の女の子。
やっぱり見た目はファローに見えます

「シナモン持っているはずなのに見た目ファロー」というケースは多いかもしれないのですが、
もし「見た目シナモンで実はファローでもあった」という逆のケースがあり得るならば、それは発覚しにくそうなので(シナモンになって当然だと思っているから。)
本当は巣引きをさせてシナモンファローを産ませるのが確実かもな!

じゃあ南天のムコさんにするのにファロー以外でシナモンファローの子供が産まれる相手は・・・・・




・・・・・



・・・



・・















しかし。








ちょっと待て。
シナモンとファローがどっちが優先という話じゃない。
シナモンとファローは対立遺伝子ではない。
どっちも表現されているのに
ファロー
なんだ。











そこにどうも引っかかっていたんだろう?



















「シナモンはシナモン色で黒目の品種」
「ファローはファロー色で赤目の品種」

そう考えるからおかしくなるのだ。























そして徐々に気付きました。























品種がどう、ではない。
















色素レベルで考えてみると


















「シナモンは、黒のメラニン色素をシナモン色に変色させる遺伝子」
である。









そして







「ファローは、
黒のメラニン色素を変色させ、
かつ
淡色化させる遺伝子」



(゜□゜)
なのかぁっ!!













090419_04









だから、シナモンとファローでは体色が似たようなもんなので同じような体色(茶色)になり、
ファローの淡色化が現れ、見た目上はファローなのか!













オカメの繁殖家さんから見たら、当り前のことなのかもしれないし、間違った考え方なのかもしれません。

私は実際に繁殖させているわけでも色素を測定して確認しているわけでもないので、
あくまでも推論でしかないのですが

しかしそう考えると全て法則通りに丸く納まるのです。











ここまで考えたところで調べてみると、他の種類のインコさんの場合ですと、ファローはそういうもんであるとあっさり書いてあったりして……。
オカメの場合はあまり明記されているところがないのは何故・・・?
海外の専門書とかがんばって読もうかなぁ?
書いてある本とかあるかなぁ・・・?
オカメは何の色素を持っているのかが知りたいんですよねー
メラニンはユーメラニンだけじゃなくてフェオメラニンとかも持ってるんでしょうか。
(あ、マズイ。はまりこむパターンだ;)











ついでにこの『グレー色素を変色させ淡色化』というファロー
シナモン以外の他の品種と組み合わさった場合を予想してみますと




シナモンファローの場合は→ファロー じゃないですか。

ルチノーファロー → 目がより赤いルチノー
(ルチノーはもともとメラニン色素を抑制している)

エメラルドファロー → なんかもやもやしたファロー
(エメラルドのグレー色素のみを変色させ更に淡色化)

レセッシブシルバーファロー → ファローよりも色の薄いファロー
(もともと淡いRシルバーを更に淡くしたファロー)

ドミナントシルバーファロー → 謎。
ドミナントシルバーの色も普通のメラニンならファロー・・・かなぁ・・・?



て感じになるんでしょうか……?

まぁ何種だかよくわからん品種作るのはどうかと思いますので、私が実際巣引きして確認とかはしないですが……
エメラルドファローとかDSファローとかはどんなもんだか見てみたい気はします。






090930_01





シナモンファローだから色が濃いめ、というのは一概に言えないような気がします。


ファロー遺伝子が淡色化を強く働かせるかどうかにはムラがあるようなので、同じファローでも個体で濃淡の差が大きいとのこと。
もっとも、ほとんどシナモンに見えてしまうくらい淡色化が全く働いていないサボリファローが存在する可能性もありますが。
そんな個体はファローペアの子供でない限り、ファローSPとして認識されるのでしょうね。



こんなふうに不安定な品種の色合いの品種は、色を固定というか安定させるために交配相手の持っている色素を考慮しなければならないそうです。
以前ファロー同士の交配を避けるべきか否かみたいな考察を書きましたが、
もしかするとファロー同士を掛け合わせ続けていくと、あのファロー色は保てなくなってしまうとかもあるのかもしれません。
淡色化に淡色化がどんどん重なっていって白くなっちゃうとかね。











てな感じで



書いては直し書いては直ししていた記事なのでずいぶん長くなってしまいましたが



これが南天謎ファローの答えだっ!!























スッキリしました。


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   ブログランキングバナー


せっかく遺伝子型表とか作ったのに、活用されませんでした……
一生懸命シナモンファローが生まれてくる組み合わせを考えていたんですけどね。

スポンサーサイト

コメント

すっきりされたようで何より!
でも、何度読んでも私には理解できず(笑)

ま、南天ちゃんがWFシナモンパールであることが理解できればそれで…よし!

品種の話なんですけどね、ペットショップでノーマルって書かれた子の頭の裏辺りにちょっとだけ色抜けがあったの。白く。

ん?子の子ってホントにホントにノーマル?

そゆことってあるの?

って首を傾げていました。

>ikuさん

読んでくれてありがとうございます!!
なんかもー自己満足で完結してしまったので、読んでくれる人はきっといなかろうと。。。
思っていたのですが~!

後頭部の白い点々は、パイドスプリットの証拠の班らしいですね。
品種的にはノーマルで間違いありませんよ~
(^▽^)

うーーーーむ"o(-_-;*)
今回はちょっと難しかったです(笑)
でもファローの子って生で見た事がないです。。。

南天さん、キレイで可愛いなー・・・。

>シモさん

いえ、今回は一人で悩んでいたという話ですw
(´▽`;)

せっかく遺伝子記号表作ったし、趣味の基本遺伝講座でもやろーかなー・・・
あんまり難しいことは書けませんけれども。

ファローって色が写真にうまく柄が出てくれないんですが、キレーな色ですよ!!

おぉ!スッキリ!! おめでとうございますー(^^♪

そうなんですよね、婆やが2回の繁殖で解った事は、同じに見える色も柄も微妙に違うということかな、もん母さんの目の色は黒でも赤でも無いし、メラニン色素の量によって同じ品種でも違いが大きいですよね
ちなみに我が家のDSと思われるペコの父(ノーマルのマール)はファロースプリットです。コンパクトなエコペコちゃんですが御婿にいかが? 笑

>おかめの婆やさん

繁殖はしないでたどり着きました・・・
シナモンspファロー君がどこかにいないものだろうかと探したりもしていたのですが、なかなかいませんねw
でも答えが出たので、こだわる必要がなくなりました。
確かにペコちゃんがムコさんなら、DSファローのお子さんが生まれる可能性が・・・
でも鳥を増やすと言うと、相方が悲鳴を上げそうなので慎重に考えさせていただきます。

黒らぶさんは研究熱心だなぁ~~(^○^)
わたしはパッと見で判別できない品種は苦手です。
DSのSFとDFの違いとかねー・・・わからんです。

シナモンファローの場合、嘴と爪がピンクなのも面白いと思います。
シナモンはピンクではなく黒になりますからね。
我が家には南天ちゃんの兄弟が居残りしてるのですが、WFシナモン♂になりました。
つまり南天ちゃんの母親はWFルチノーシナモンだったことが判明してます(外見はまるっきりWFルチノー)
この春はどんな子が誕生するのやら。

>ポコさん

ポコさんついに謎が解けました(解けたハズ?;)!!
>DSのSFとDFの違い
わからんです!!微妙です・・・。
なんてジミーな鳥!オカメ!!

WFシナモン♂ ですか!?
オス!!それはまたなんて意外な・・・!Σ(゜□゜)

でもあんまり驚いてはないです。
ルチノーはメラニンを抑制するはずなのに、ルチシナ→シナモンになるかなぁ?
ルチシナ→ルチノーじゃね?
とか考えていたところだったので。
謎が解明されていくのは楽しいです。

全部読ませてもらいましたが
私には難しくって・・・(^_^;)

とにかく南天ちゃんの謎がとけ、スッキリ出来て良かったです。
おめでと~!(^^)!

私もファローちゃんを生で見たことがないので
一度お目にかかってみたいな~
南天ちゃんとってもキレイですもんね♪

>まあさん

すいませんこんな読みにくいもの読んでいただいて・・・(ノ_;)
なんかいろいろ日本語がオカシイので余計にわかりにくくなっている気がしているんですが、自分の文章を添削する能力がありませんorz

まるっきり自己満足なのですが、当初からの謎が解けたということに、自分的には感動しています。
まぁその、感動具合が全然お読みいただいている皆様に伝わってない気が・・・
しますが・・・orz

謎はとけてすべた!じゃないや…
全て解けましたかi-236
私には難かしいけど勉強にはなりました~!
あとは、理解するだけ(≧ ≦)Ωヨッ!
遺伝って奥深いですi-179

>ルチシナ→ルチノーじゃね?

おー!そりゃそうだ!!(目からウロコ)
ところがルチノーシナモンで羽先にシナモン出てる子も居るらしいんですよ。
南天ちゃんのお父さんの羽色はまるっきりWFシナモンですねー
あれを見てWFシナモンファローと即決できる人はいないと思いますよ。
赤目だからRシルバーに見えるでしょうね、たぶん。
とても美しい子なので、今度写真を撮ってブログにでも上げときますね。

>tentenさん

マルっと解決しました^O^
あまり人生に必要のない知識かとは思・・・ゲフンゲフン
しかし、一見全然わからないことでも、その構造を知ると「なぁ~んだ」だったりします。
色々まわりくどい説明してしまいますけれど、
まとめると『ファローが入ると色が薄くなるんよ』一言ですし。

あ、色も変わるんだった。やっぱり一言でまとめるの難しい・・・

>ポコさん

>ところがルチノーシナモンで羽先にシナモン出てる子も居るらしいんですよ。

ふむふむ!
ルチノーでもうっすらグレーになる子もいるらしいと聞くし~
やっぱり微妙なところなんですね!w
南天父様はシナモン寄りのシナモンファローなのですね~~
ほんと個体差大きいなぁ・・・
写真楽しみにしてます!

よく言われてることかもしれないけれど、
ファローって特に目の色薄くするのよく働きますね。
比較するとルチノーはあまり赤目にならないのに。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://burntsiennna.blog36.fc2.com/tb.php/132-09f9b3bf

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。