プロフィール

黒らぶ

Author:黒らぶ
ペットブログとか作ってご隠居するにはちと早いんじゃなかろうか。
前科1犯(ムシワキ)



南天:オカメインコ
ホワイトフェイス
ファロー謎パール
1歳
110gくらい
性別不明
→♀確定
マッタリ大胆系
好きなもの:OA機器・食べ物・編んである紐・綿棒



父さん妖怪の気配が!

黒沢:オカメインコ
どノーマル原種
10歳
75gくらい

積極的なビビリ
好きなもの:新聞折込広告・人間・糸・ディープキス


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南天です
オカメに詳しい人にお尋ねしたいんですが……
南天の羽の一枚一枚には白い班があります
まだ換羽がきてないので抜けた羽で写真が撮れないのですが
わかりやすい羽が抜けたらUPします

これってパール模様ですよね……?


090204_01





でも、この模様が謎なのです
性別も謎なのです


マニアックな話が長く続きますので追記に致します。
興味ない方は無理して読まないでください拒否反応が出ます
相方なんぞはいまだに
「南天て アルビノ っていうのなの?」とか聞いてきます
違うと言っとろうが
そんな人のためのいつものクリック要求はココに置いときます
読まなくても、ま、クリックだけでもしてってください。
            ↓
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ ブログランキングバナー

南天の両親は


ホワイトフェイスシナモンファロー♂
(これってシナモンとファローの両方が表に出ているということですよね?)

    ×

ホワイトフェイスルチノー♀





情報としてブリーダーさんから聞いているのは

①このペアから生まれる子供は♀ならシナモンそれ以外はオス

ということで、そういった判断から、南天は「たぶんオス」なのです








考え方は全部メンデルの法則です。
オカメの遺伝についてはややこしい連鎖は無いそうです。




南天は
ホワイトフェイス(これは問題なし)
カラーはファロー(常染色体劣性遺伝子)


南天がオスだとすると、体色の遺伝子として

父親からファローの遺伝子を1つシナモンの遺伝子(性染色体劣性遺伝子)を1つ

母親からファローの遺伝子を1つルチノーの遺伝子(性染色体劣性遺伝子)を1つ

受け継いでいるはずです

両親から1つずつ受け継ぎ、2コそろったファローの遺伝子が南天の色です
シナモンとルチノーは1つずつしか持ってないので現れません。劣性なので。





ここで性染色体について
人間の性染色体は女がXX、男がXYと表現されます
だけど鳥の場合は雌がZW、雄がZZ なのです

人間の場合は、生まれてくる子供の性別を決めるのは、精子の持ってる遺伝子がXなのかYなのかで決まりますが
オカメの場合は、子供の性別を決めるのはメスの卵に入っている染色体次第。
卵を産んだら、その卵が有精卵であろうがなかろうが、もうそれがオスの卵なのかメスの卵なのか、既に決まってるってことです


今回問題になってくるオカメの遺伝子のうち

②シナモン、ルチノー、パールはこのZW、ZZの性染色体(Z)上に乗っている遺伝子です。
全て劣性です。

♀の雛の場合は、母親からWと父親からZの遺伝子を1つずつもらいます
だから、♀の雛は、父親がシナモンかルチノー、またはパールだったら、父親と同じ色と柄になります
♂の雛の場合は、母親からZの遺伝子を1つ、父親からもZの遺伝子を1つもらいます
劣性遺伝なので、両方のZが同じ色じゃないと体現しません
父親がシナモンでも、母親からシナモン遺伝子をもらっていなかったら、シナモンにはなりません
ルチノーやパールの場合に置き換えても同じ

だから①♀の子供は全てシナモンというのは、
父さんがシナモンなんだから、という根拠になります。
南天がもしメスだったとしたら、母さんからルチノーの遺伝子は受け取ることができませんので、色はシナモンファローになるはずです。










南天カラーのファロー遺伝子は常染色体劣性遺伝子です
性染色体とは違い、性別に関係なく同じ遺伝をします
父親と母親から、1つずつファロー遺伝子をもらえれば、子供もファローになります

南天のお母さんはルチノーですが、ファローの南天が生まれたことから、ファローのスプリット(体現しない劣性遺伝子を潜在させていたヘテロ体)、ということがわかります




③南天がただのファローだったら、オス確定なんです
















だが、問題になってくるのがこの柄

090204_02


これがパールなのか否か、
それが南天を謎な存在にさせています




シナモンファローのお父さんのひいじいさん(だったかな?;)はパールだったそうです
だから、④シナモンファロー父はパールではありませんがパールのスプリットであった可能性ならあるのです


②のパールは性染色体劣性遺伝子からして

⑤ルチノー母はパール遺伝子持ちではありません
パール遺伝子を持っていたら、ルチノー母はルチノーパールです
パールであることを隠したくても♀なので隠せません
……いや?
ホワイトフェイスで真っ白だから、パール模様の出ようが無い、な……?;
もしかしたらルチノーパールなのかもしれません??
でも、ブリーダーさんが、このルチノー母の親元さんに確認したところ、やはりルチノー、とのことなのです


とりあえず
⑤ルチノー母はルチノーパールではない
と考えることにします




そして④パールスプリットの♂×⑤パール無しルチノー♀の組み合わせについて考えてみます。

生まれた子供は
の子供の場合は、50%の確立でパールの子供です
の子供の場合は、パールの確立は0%です。50%の確立でパールスプリットです(見た目はパールではない)



……アレ?
♂でパールの子供は生まれないんです
これは③のファローはオス に矛盾します



これが南天の出生の謎、です。










考えられる真実としては


・南天はパールではないオスである(柄は目の錯覚キット)
・ルチノー母は柄が見えないけどルチノーパールだった
・南天は色の薄ーいシナモンファローパールのメスである
・突然変異



のいずれか、ということになるのでしょうか……
私は実際オカメの繁殖をしているわけではありませんし、遺伝についてわからないこともたくさんあります
なので、考察が間違っているかもしれませんし、もっと別の要因があったりするのかもしれません



南天には同じ腹で生まれたシナモンの兄弟がいます
普通に考えればこれは♀の子なのですが、どうも不明な部分が多い、ということで、里子に出さずブリーダーさんのところに残っています
また、南天の両親はこれが初めての巣引きであったということですので、これからの巣引きによってまた南天の兄弟が増えていきます
南天とシナモンの兄弟の性別がはっきりすれば、また、これから生まれてくる兄弟たちの羽色次第で、徐々に謎は解明されることでしょう




南天の新発見については、その都度ブログで発表してゆきますので!










ここまでお付き合いくださった方ありがとうございます;
これを読み通すような方はきっと興味がおありなのですね押してくれるのですね、わかります。

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ ブログランキングバナー
スポンサーサイト

コメント

とても勉強になります。
あたしは遺伝については詳しくないですが
それはパールではないでしょうか?
その模様が出るってことは… って気がしますが。

どっちなんですかねぇ。
すごい楽しみです。

>アタシ 様

ああっ
こんな読みにくい自己満足な文章を読んでいただいてありがとうございますっ!
(´д`;
またブログ遊びに行きますねっ

やっぱりパールに見えますか……?;見えますよね?;
ほんとに謎なヤツなんです。
その分今後が楽しみなのですが^^

おおー!とても分かりやすい解説ですね!
納得しうる可能性としては、母親がWFルチノーパールなら説明がつくのです。
ノーマルほっぺのルチパーの場合はしっかりパールが出ますが、WFは黄色因子が出ないのでパールが沈んでしまうんですよね。
しかし母方のブリーダーさんによるとそれは「有り得ん」ということで。
あとは南天ちゃんは実は「なんちゃってパール」説。
パールに見えるけどアレは違うのヨー!
いずれにせよ南天ちゃんが♂か♀かアタクシも興味津々です(まだ鳴きませんか?)

>ポコ 様

ポコさんいらっしゃいませ~^▽^)ノ
南天ブログにお越しいただきありがとうございます!

わかりやすいでしょうかこの文章…;必死です…
間違ってる部分ないでしょうか?;
やっぱりWFルチパーは柄が見えないのですね。
見たこと無かったので安心しました。

南天がまだオスかメスかは何とも言えません;
ただよくピーピー大きい声で鳴いてます。
口数は多いですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://burntsiennna.blog36.fc2.com/tb.php/13-f527a6fd

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。