プロフィール

黒らぶ

Author:黒らぶ
ペットブログとか作ってご隠居するにはちと早いんじゃなかろうか。
前科1犯(ムシワキ)



南天:オカメインコ
ホワイトフェイス
ファロー謎パール
1歳
110gくらい
性別不明
→♀確定
マッタリ大胆系
好きなもの:OA機器・食べ物・編んである紐・綿棒



父さん妖怪の気配が!

黒沢:オカメインコ
どノーマル原種
10歳
75gくらい

積極的なビビリ
好きなもの:新聞折込広告・人間・糸・ディープキス


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は繁殖素人な黒らぶが前々から気になっていた
「ファロー同士の交配は
避けたほうがよい。」

という情報の真偽について書きたいと思います。

※ ブリーダーさんだったらもうわかりきってることなのだと思いますが、
あんまりネットとかで情報ないんですよね~・・・。






ファローという品種について大事なとこをキーワードにします。

A 体染色体劣性遺伝子

B まだ新しい品種なので個体数が少ない






黒らぶのネット調査の結果
(他に情報源がナイのです。ブリーダーさんと直接お話しさせていただける機会があればいいのですが・・・)




両親ともファローのペアがけっこうある。




ペットショップのヒナ情報で、両親の情報が記載されている場合がありますよね。

けっこうあるんです。ファロー×ファロー










問題は・・・・
表面上は、無いみたいです。
普通のヒナに見えます。
写真だけど。






これが意味するところは


ファロー遺伝子は普通の体染色体遺伝と考えてよい。

少なくとも、致死遺伝子とかではない。
(体染色体劣性遺伝な時点でほぼ可能性ないのだけど、あくまで何らかのそういう致命的なものではない)




つまり、

なぜファローペアがダメと言われているのかというと、


まだ新しい品種であるために、
ファロー同士は
近親同士になってしまうため
できるだけ避けましょう。


という意味合いと捉えてよいでしょう。
(↑何度も言いますが素人なので断定できない自信の無さ´д`;)



























ここで、ファローが生まれるための両親の組合せについて考えてみましょう。













親のどっちかがファロー、もう片方がファローSPの場合



091028_02



生まれるヒナは、50%確立でファローです。
もう50%他の羽色です。

















②両親がともにファローの場合





091028_01





生まれるヒナは100%の割合でファローです。







今日はメンデルの法則について説明をしたいわけではないのです。
なんでそうなるかという点についてはスルーします。






ここで
B まだ個体数が少ない
という理由から



ファローは他の数の多い品種に比べて、
どうしても、というか例に漏れず、
ショップ等での販売価格は高くなります。



生き物を商品として見るな、
というわけにはいきません。
実際、私達がオカメさんをお迎えした時、必ず繁殖家さんや販売人さんに代金をお支払いしているんですから。




と、いうことはです。
生業として鳥を繁殖し、販売してお給料をもらっている方々もいます。
鳥が健康に一生を送れるかということや後世に丈夫なヒナが生まれるかといったことよりも、
いかに効率的に高く売れる鳥を繁殖するかが優先されます。




そういう人からしたら、
①の半分は商品価値が低いヒナが生まれてしまうペアよりも

②のヒナの全てが高く売れるペアを優先的に繁殖する

というのは自然な発想だと思います。
近親交配(に近いこと)をして、どんどんファローの血は濃くなっていってしまうので、
モラル的に、あるいはブリード論としては問題はあるんですが、
商売的価値観で考えたら、一方的に責められることじゃないんですよね。

また、新品種を増やそうとする動機が、短絡的に金銭的なものばかりでもなく、
「要望が多いから」という人から喜ばれたいという感情からであったりとか
自分がその色が「好きだから」(私もファロー好きなんで)とかの言ってしまえば自己満足だったりとか
色々あるとは思います。








もっとも、これはあくまで遺伝的にはってことなので
(あくまで比較的に)体の弱い可能性のある新品種のペア同士だと
ヒナの数が少ないとか落ちやすいとかあるのかもしれませんので
ファロー同士をペアにするなっていうのは逆に現場から生まれた意見かもしれませんよね。

この「ファロー同士の交配を避ける」という問題の程度が
ブリーディングに関わっていない私には実感できていません。
『もう十分にファローという品種が定着して、数も増えているのにまだそんな時代遅れなこと言ってんのか』
みたいに言われるのかもしれません。
とはいえ、誰にも「もう交配OK!」というGOサインは出せませんが。



しかし実際のとこ、こうやってショップではファロー同士を普通にペアリングしている以上、
「ファロー同士の交配を避ける」
というタブーは必要なものです。


この倫理感がないと、どんどん弱い個体が増えていってしまいますから。




例え商品の価値観で鳥を見るとしたって、選ぶのは購入者です。
自分でも繁殖したいと思っている方はもちろん、
愛鳥家だったら、ウチのコには出来る限り健康で長い時間を共有したいと思うものでしょう?

そういう方には
あんまり知識が無かったり、安易な繁殖を行っているペットショップでのお迎えは避けたほうが無難です。

ちゃんと両親の遺伝情報がはっきりしているか、
あるいは営利目的で繁殖をしているわけではないブリーダーさん(でも有償なのはヒナの転売防止からやむを得ない)からのお迎えをオススメします。
健康でノーマルの形に近いヒナを作っていく、という繁殖的倫理とプライドみたいなものを持ってらっしゃるかどうか、が大事です。
その上でどうしても病気や奇形等が出てきてしまうのも、ある意味で自然的確立です。
あくまでそれを増やさない意識は
信頼のおける、
というよく使う言葉で置き換えられるかなと思います。




























が、しかし






ショップで運命を感じちゃった
子をお迎えしたい!

とか

ファロー同士で
ペアになっちゃった!
どうしよう!

とか













それを「絶対やめなさい!!」



とは、私には言えませぬ。


















仕方ねぇよ!!
恋に落ちちゃったんだもの!!
(*´д`*)


と思う黒らぶなんですが。
いかがなものでしょう。

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   ブログランキングバナー

人間でもありますよね。
婚約者が不治の病!両親は大反対!
でも!!
みたいな。違うか。
健康が一番です。
スポンサーサイト

コメント

そうそう、健康が一番!
婆やはブリーダーではないのでよく分かりませんが、人間と同じで姿かたちだけで無く、体質、性格なんかもガッツリ遺伝している子もいるように思えるので、難しいです(^^ゞ ちなみに我が家のファローのるび太の親はspどうしで、♂親は随分さかのぼるようです。

ウチは並オカメちゃんだったので
↑の記事の事は知らなかったんですが
F1の頃の遺伝子が定着していない時にF1同士で繁殖させると
思いもよらない結果になってしまう事があるから・・・
と言う事からなのかも知れませんね
致死遺伝子・・・セキセイにはそれに近い遺伝子をもった品種のコがいます
とてもレアな品種ですが生まれてからずっと羽の伸び続ける品種のコ・・・
でも、その品種のコの平均寿命は7ヶ月と聞いたことがあります
確かに販売する方はよりきれいな羽色を求めるし
お迎えしてお世話する者もきれいな羽色の方に心奪われる事があって難しい問題ですよね
でも、自然界でもまれにほかのコと羽色の違う鳥さんがいたりするし
元気で暮らしてくれるコなら
どんな羽色のコでもいいかな~(^^)
上に書いたセキセイさんだけはHPで見たとき涙がでちゃいましたけど・・・
やっぱり健康が一番ですよね(^^)

>おかめの婆やさん

無知な私が色々考えさせられたのは、婆やさんの言葉からでした。
そうそう!るび太ちゃんが生まれてきたときは、本当にびっくりされたんじゃないかと思います。
SPになってしまうと見た目じゃ判断できませんし、
『密かに受け継がれ続けていたのか!感動!』
て感じですよね~~(´д`*)
遺伝の神秘・・・!

もこもこ羽毛&しんなり羽毛の話も以前にありましたよね!
実際に繁殖すると、色んな面が見えてくるんだろうなぁ・・・・
興味深いです。

>ほりーちぎつねさん

うちのがたまたまオカメのファローだったので、この品種について取り上げましたが、
書きたかったのは『飼っている側から見た繁殖の意識』なので
どんな生き物のどんな品種でもいえることだと思います。
あんまり文章まとまってないし、偉そうなことも言える立場ではないのですけれど;

突然変異で有利な形質が生まれる可能性の分、不利な形質が生まれてしまう可能性もあるわけですし、
その有利不利の判断も、人間の価値観によるところですし、
私自身が羽色に興味があるので、人為的な交配についての批判はできません。
もっとちゃんと勉強すれば、イイトコ取りできることの多い交配の仕方みたいなものも、あるようですし・・・。

ほりーちぎつねさんの仰る品種について少し調べてみました。
「フェザーダスター」という品種なのですね・・・・。
羽毛形成異常に短命の性質がとても密接な関係をもって生まれてくる品種に見えました。
伸び続ける羽毛の性質だけを切り離して品種を確立させようとしている人もいるようですが、自然交配レベルでは難しいように思います。
この突然変異の生んだ不幸はただの「可哀相」では済まされず、まさに繁殖の倫理が問われる問題です。

一度弱い形質が生まれてしまったら、やっぱりその子は繁殖させないっていうのが基本かなぁと・・・。
子孫残せなくったって、幸せな一生を送らせてあげることはできますもんね~(^ー^)

いや~、深かったですねー。
勉強になりつついろいろ考えさせられました。
そもそも、ファローって最近の色だったんですね。
繁殖についてはいろんな考えや見方があると思うし
人間の意志で生き物を操作?するのって・・・とも
思うけど、
「運命を感じた子をお迎えしたい!」
に深くうなずいてしまいました。
我が家もそうでしたv-252

とっても深いお話ですね・・・
そもそもいまだに私はファローたるものがうすらぼんやりでしかわかってませーん(; ̄ー ̄川 アセアセ
そーゆー関係はみんなOTTO氏にまるなげ・・・ていうかまる受けしてくれるんで・・・私はひたすらオカメたちの恋路を見守り時に応援する婚活お助けおばちゃんです。
遺伝とか色とかに興味がなく、オカメインコが好き♥目があったこが運命の子♥そして元気が1番!!な私は、自然のままに・・・あるがままに・・・と思っていますが、どんなに私がこのことカップルになってほしいと思っても鳥さんにだって好みや譲れない条件があるようです。こればっかりは神様の思し召し・・・と思うのです。

>くっすーさん

私もたいして知識がないにも関わらず語ってしまいました(´д`)
オタクの悪い癖です。

考え方は様々ですし、ちょっと違う立場で考えるだけで意見も変わってきちゃいますし、
なかなかむつかしいです。
出会いの場を提供してくれるっていう意味では、
ショップも大好きです。
癒されに行ってしまいます。
見てるだけですが・・;

>ジェミーさん

そうそうー
好み激しいんですよね~
個性の豊かな生き物ですものねー
相性って難しい・・・

私は遺伝について考えるのが好きですが、
『お前は絶対こいつと結婚するんだ!』と政略結婚ばりに許婚を連れてきても反発されること請け合いです。
よって、
『wfwfPdPd/LuPl×YFwfLuPl/Pdをかけあわせるとー・・・』
とか妄想してますけれど実際オカメさんを増やすことを許されてはいないのでっ(´д`;
妄想です。
そんな妄想です。ウフォフォフフフ・・・・www


私は変な奴です。たぶん。

ありがちな問題っすね

今晩は~。
鳥ばかりでなく、
他の生き物の基本ですしねえ>遺伝子
遺伝子が近ければ近いほど、
いろんな問題が出てくるってのは、
普通に学ぶもんですよね。
うちはおぜうにお友達をお迎えする予定がないですが、
もしもお迎えするのなら、
ノーマルちゃんが良いな~と思ってたりw
単純に可愛いと思うからなんだけど、
何となく健康面や生命力に関して、
安定してるだろうというのも理由の一部。

>まさきさん

こんばんわ~
相変わらずキイロオカメにコメントできないんですよ!(ノ_;)
HNがNGなのかもしれませぬ。

ノーマルさんは良いと思います。
ウチの黒沢もミニサイズではありますが、そこそこ丈夫ですし。
地味な体に派手な顔色がミスマッチすぎてウケます。
あなどりがたしノーマル。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://burntsiennna.blog36.fc2.com/tb.php/102-7071ca4c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。