プロフィール

黒らぶ

Author:黒らぶ
ペットブログとか作ってご隠居するにはちと早いんじゃなかろうか。
前科1犯(ムシワキ)



南天:オカメインコ
ホワイトフェイス
ファロー謎パール
1歳
110gくらい
性別不明
→♀確定
マッタリ大胆系
好きなもの:OA機器・食べ物・編んである紐・綿棒



父さん妖怪の気配が!

黒沢:オカメインコ
どノーマル原種
10歳
75gくらい

積極的なビビリ
好きなもの:新聞折込広告・人間・糸・ディープキス


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とあるブリーダーさんのサイトではWFルチノーの中雛が何羽か里親の募集をされていました。
問い合わせるか悩みました
でもね、遠方だったので空輸なんですよ
いや別に鳥さんもともと空飛ぶし。
自分で車飛ばすよりも飛行機乗っけてきたほうが安全やんー。

……でもなんか不安……
大丈夫なんだろうけど不安……;










季節は12月末
秋に生まれた雛達が、どこのブリーダーさんのところからもあらかた巣立っていった時期ということもあり

『うーん……
春の繁殖まで待とうかなぁ……焦るこたないし……』
と思い、空輸しなくてもいい近県のブリーダーさんを探し始めました





そして黒らぶの住む神奈川県内の
とあるブリーダーさんのところで、
11月生まれのホワイトフェイスファローの雛の里親募集がかかっているのを見つけました。


……ファロー!?
マジ!?

090130_01
実際に掲載されていた画像

……ファローだ……。
しかも見たことのない不思議な羽色
ホワイトフェイス
中雛
タレ目ボンヤリ顔



ブリーダーさんのブログによると
この雛は秋に生まれた最後の雛で
兄弟たちよりも10日ほど遅く孵り
圧死することが懸念されたので、父親とは別の、子育て好きなオスに預けられて育ったそうです
スゲー(*´д`*)






気になる。
気になるよこの子は。











数日間、色んなサイトをウロウロし
でもやっぱり毎日この雛画像のところに戻ってきていました
相方の了承を得て、正月明けにブリーダーさんに里親希望のメールを出しました
すっげドキドキした

体は弱くないか
(弱かったとしてもたぶん心変わりはしなかったけれど、心構えとして)
性格は攻撃的でないか
(案の定、表情通りのボンヤリ系でした)
等の問い合わせメールを数通やり取りした後、
実際にこの子を見て、気に入ったら里親になる、と申し出ました。
そしてとりあえず見に行こうと思いました。


ええ、そのまま連れて帰る気マンマンでキャリー(という名の文庫本ケース)持って出ましたけど。

そしてブログの一番初めの記事へとつながるわけです












運命とは言わない
だけどご縁があったのは確かかな












リンク&画像掲載許可していただいたブリーダーさんポコさんのブログはこちらから。
チビ南天に関する記事は2008年12月のあたりです。感動的です。
    ↓
【ポコのひとりごと】




にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ ←ついでにクリックもしてやってください。
スポンサーサイト
試写会に行って来ました

【ベンジャミン・バトン-数奇な人生-】

80歳の老人の姿で産まれ、歳を追うごとに若返っていく男の一生の話
主演はブラッド・ピット

3時間近くある映画で大きな山場なく淡々としかしベンジャミンの成長を捉えながら流れてゆきます
マッタリしているので、観ながら色々思いをめぐらせていました
たぶん主題は徐々に歳とっていくヒロインや身近な人間とのすれ違いの切なさと孤独。
しかしですね
歳を取るほどに肉体が若返っていく、というのはある意味理想なのではないでしょうかね
大半の人が感じたであろう主題との違和感
ただ、若い頃に戻れたら、という思いだけではなく
幼いうちに体の不自由さや皺の刻まれた容姿に耐え
徐々に枷の外れていく自由の喜びを知り
精神が充実していくにつれて外見も美しくもてはやされるようになり
天使の姿で最期を迎える
年老いた方の容姿が美しくない、というわけではないですが
自分の顔に皺が増えたり体の痛みを覚える度にため息をつかれる方もまた多いはず
精神と同時に肉体も充実していけるなら、常に希望のある人生が送れそうですよね。


今の自分のまま、あの頃にもどれたらっ!というアレです。
想いの叶わなかった初恋の結果も、また違うものになっていたかもしれませんよ。



…まぁ、生まれた時に老人だったら、若い頃の苦痛は計り知れないし、
精神構造も通常の人間とは違ってきてしまうでしょうが……



090129_01

部屋にはブラピのでかいポスターが貼ってあります
自分が貼ったわけではないですし、特別にファンってわけでもありませんが。
そしてちなみに私は夏休みの宿題の感想文をガンとして提出しなかった子供でした
誰にもわしの心の中など見せてやるものか!
しかし大人になったら見せたがりになりブログとか書いています。




インコさんみたいにモッコモコだったら、
皺も何もわかんなくて、年取ってもカワイイままなのにねぇ……。



にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
    ↑
始まったばっかで鳥と関係ないネタじゃないの?このブログ。
書きたいことはいっぱいあるんですけどね……
でもよろしくお願いします。

090128_1

ここまで気分が盛り上がって、
色々なブリーダーさんのサイトの雛情報をチェックし、
雛を迎える気マンマンではある
相方は既に私の挙動不審に気付いている、が・・・・。


まだ、『飼うことに決めました!』
というわけではない。

だって全てはご縁だし。


もし、『ぜってーお前を嫁にする(誰の)!』
て子に出会ったなら迷わず迎えるけれど
出会わなければ気持ちが冷めるのを待とう。
そんなもんですよね?



ここでお迎え前の問題点と、嫁(?)候補の容姿の希望をまとめておこう

①性別
こだわらない
こだわらない、と言いたいのだが……
できればオスがいい
西村の卵産みたがりには本当に困った
あと、黒沢を強引にケージの隅に追い詰め、無理矢理交尾を迫るのも……(ノ_;)

ケージを分・け・ろ

てな話ではありますが
西村のせいでなんとなくメスは気の荒いイメージがあるのでした。
手に乗るのも嫌がったし;
てか西村は雛の頃から卑屈なオカメだったような
まぁいいやその話は





②挿餌
多くの鳥飼いさんに同意が得られると思いますが

ヒナのニオイが好きです

超嗅ぎたい。
イイニオイ。
恐竜みたいなヒナもカワイイと思う派

……ただねぇ……
3時間おきの挿餌が、仕事しながらできるのかどうか
仕事場連れてくか…?いやいやいや;
きっちり3時間じゃなくても大丈夫みたいですが
12時間以上間が空いてしまう日もあるからなぁ……
せめて、一日2回程度の挿餌に育っている雛じゃないと難しいかな

ううむ……





③性格

黒沢と仲良くやってもらいたい
黒沢は標準よりだいぶ小柄なオカメ
体の大きくて気の強い西村にいつも負けていた……
おっとりした性格の子がいいなー





④容姿
選ぶのは飼う前の楽しみですから。
散々悩んでいたけれど
なんとなく、ホワイトフェイスで体色にも白い部分の多い子がいいなーと漠然と絞るようになりました
そうなると、候補としては
妥当な線としてはホワイトフェイスルチノーかな…
ミディアム~ヘビーパイドも一応枠には入れておこう






オス・中雛・白っぽい

を条件に(でもいろいろわき見しながら)探してゆきます。



始めたばかりですがブログランキングとか参加してみました。
南天超アピってきます。

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ ←どうぞよろしく 
オカメです
オカメloveなんです
いいじゃないですか
誰にも文句は言わせません
言われてないけど。
好きにすれば って目で見られてるけど…orz

あ、ちなみに今日は風邪引いて休みです。
寝てろよ。
更新続きます。


繰り返しますがオカメが好きです。
オカメに決めました。ターゲットを。
次はオカメの品種について調べてみよう。
インコの場合は 品種=色 なので
色フェチの私にはこだわりどころです

オカメは他のインコと違ってあんまり奇抜なカラーはありません
インコと言いつつ色に乏しくて冠羽付き定義のオウム属だからね
ベースは白・灰色・茶色 のみ
あとは頭が黄色+日の丸付か白か
色はそれしかない。
あとは柄のバリエーション
羽毛の一枚一枚に白いポッチが規則正しく入るパール
白い体のどこかが体色に染まるパイド

品種改良が盛んなので色に乏しくてもこんだけあれば選ぶ範囲は広い
黒沢を飼ったころは金がなかったので、値の張るキレイな色変わり品種は手が出ませんでした
ちなみに確か黒沢は当時6800円のノーマル雛でした
ルチノーの西村は12000円
今もあまりお値段は変わらない模様。





1.顔の色
黒沢も西村も黄色い顔+日の丸つきでした。
090116_03
日の丸もオカメの愛嬌ではあるのですが

ダセェww
いや言い方変えれば間が抜けた感じでカワイイんだけどw

ホワイトフェイスにします!



2.柄
一番オカメの柄の中で派手だと思っているのはパールです
だけどこれも今回知ったことなのですが、パールは♂は大人になると消えてしまうらしい
ホルモンの関係のようで。
雛のときはオスメスの区別は遺伝法則かDNA鑑定しないとハッキリしない
オスだったー;
ってガッカリするのは悲しい
本人(鳥)も悲しかろう……


パイド
は上級者向けな気がしている
どう出るかわからない柄の個性はバクチにも似ていて、繁殖とかするのは楽しそう
ただ、シロートが見ると、まだらのその鳥は、なんか中途半端
柄の完全に抜けたクリアパイドは激レアプレミア価格がつく
のに
見た目は黒目のルチノーだ……
他の鳥と比べて初めてつくレア度だな……

一羽一羽違う個性のパイドは味わい深い
ウチの子!っていう愛着も沸くのかもしれないな






3.体色
白地にグレーと茶色しかないんですが
でもその色合いの中でも微妙な違いと色の遺伝子のアレコレで品種分けされてます
今も世界で新しいカラーが生まれています
どっちにしろ大雑把に言えばグレーか茶色ですが。

ものすごく知識があるわけではないのですが解説させていただきます間違ってるかもしれません

オカメインコの主な体色カラーは次の通り

ノーマル  (濃いグレー 黒沢の色)
シナモン  (茶色 ボンヤリした灰褐色、と言うべきか・・・・)
ルチノー  (アルビノ 白ややグレーががって見える場合あり 目が黒っぽい赤色)
レセッシブシルバー 
       (劣性遺伝子シルバー色 ノーマルよりやや淡いグレーに見える??)
ドミナントシルバーシングルファクター
       (優性遺伝子シルバー色ヘテロ体 濃いグレー)
ドミナントシルバーダブルファクター
       (優性遺伝子シルバー色ホモ体 ごく淡いグレー)
エメラルド (光の加減によってウグイス色に見える)


ブリーダーさんちで見せて全部見せていただきましたが
私にはノーマル・レセッシブシルバー・ドミナントシルバーSF・エメラルドあたりの色の違いは見分けがつきませんでしたスイマセン(つд`;
色合いには個体差とかもあります


まぁ
マニアックな世界です。

顔の色にも本当はイエローフェイスとかパステルフェイスとかドミナントイエローチークとかあるけれど全部見分けがつかないので省きました




そして 特筆事項 ファロー
南天の色です写真も南天
090126_04

写真がブッちぎれてますが風切羽のあたりによく見えるグレーがかった淡褐色
ブリーダーさんがミルクティー色、と表現されたのは言い得て妙
そしてファローの特徴として、目がアルビノ種よりも赤くなると言うこと。
そういえば白い部分も純白。



ファローええなぁ~~
と思っていたものの
まだ普通のペットショップなんかでは見ないレア色
お値段もそれなり。
憧れ てやつでしたかね




こんなオタク語りリアルで誰も理解してくれないので
ブログで同志を募る次第であります
インコオウム専門店こんぱまるさんのリンク貼っときます
ここのサイトの鳥さん図鑑で上記の品種の写真を確認するべし
網羅してるのがスゴイさすが専門店
オンラインショップのバグを直してくれればもっとスゴイぞ!
  ↓
こんぱまる トップページ
いきなり火がつくわけじゃないんです

妙に黒沢がカワイく見えたりするんです

そんで、黒沢を片手でモフりながらいろんなインコサイトさんを巡る
おおー
ええなぁー
カワイイなぁー
おーすげーこんな柄イイなー
こーいう子はペットショップじゃあんま見ないんだよな
もっと詳しく載ってるサイトを検索・・・・
お、ブリーダーさんか
お、値段も載ってる
へー・・・・


何時間もPCに向かい鳥画像をあさるその姿は明らかにオタク
そしてその時のワクワク感はまるで恋



090126_02

どうする?黒沢



こう
黒沢と寒い日なんかにそっと寄り添っている姿
仲良く相手の羽繕いをしてやってる姿

そんな姿が見たい
これが妄想というやつか


正直黒沢の意志などどうでもいい←ヒドス
お前も一人じゃ寂しかろう
なぁ?
そうだよなぁ?←強制



繁殖も興味があるけれど
今の住宅環境じゃ増えても困るだけ。
なので特に性別にはこだわらない
むしろ♂のがいいかもしれん
てか黒沢と同じオカメじゃなくてもいいよね

セキセイの色とか良いよな~
魅かれる
何あの青とか緑とか紫とかありえない色は。
キレイだ・・・
あと昔憧れたナナクサインコ
何あの配色すげぇ
まぁ、要するに色なのか
俺の基準は。
そうか。

……そういえば地味だなお前は。
090126_01
灰色なのになんで顔だけ派手なんだよ!
何その日の丸。
センスねぇwwww



しかし
色んな候補をあげて
ぐるっと一周回ってきて

戻ってくるのはやっぱオカメ。


適度な大きさも
黒目の多い童顔も
おっとりした性格も
ちょりんとした冠羽もはずせない
そしてその日の丸も

イイw

090126_01

黒沢氏
2000年4月くらい生まれ
オカメインコノーマル♂
ビビリで能天気で頭悪そうなのに、案外機転の利く奴
ジャングル鳴きがうるさいですが言葉は覚える気がない様子
あまり飼い主に教える気がないからかもしれん


00年生まれなので年が数えやすいですね
今年2009年なので9歳です
ちなみに私は人間も年が変わったら一つ年とったことにしてます
「今年で○○歳」です
誕生日を覚えない人間なので。



黒沢さんには

『西村さん』
というルチノーの相方♀がおりました。
名前のツッコミは受けつけませぬ。
写真は残ってません
デジカメのデータ紛失したので。
いやどっかにフィルムとかは残ってるんだろうけど。

黒沢さんと西村さんはほぼ同じくらいの誕生で
(買った店は別)
私が浪人時代の暇な時に2羽同時に挿餌で育てました
が、しかし
♀だった西村さんは卵をやたらと産みまくり;
それが直接の原因かは不明なままなのですが
3年ほど前に早世してしまいました……



それ以降ずっと1羽だった黒沢さん
でも年老いた愛犬が弱り始めた頃でもあったので
正直手が回らず、気分的にも新しい相方を迎える気にはなれなかったのであります。

その愛犬が去年逝きまして
一羽のままでもいいかぁーと思っていたのに
しばらくボーっとしてたらなぜかインコ熱急上昇


インコ!
インコ!
鳥サイトさん巡っちゃうぜ!
黒沢に相方を!
やべえ妄想のつもりが行動に移しちゃうぜ!
ちょ
マジ萌える!


火がついたら止まらないB型です。


南天

新しいオカメインコをお迎えしようと突然思い立ちました。
ブリーダーさんのお宅から車で1時間半
2008年1月7日 
品種・性別不明確・当時名前未定の白い雛がやってきました。

090107_1.jpg


家に着いてキャリー(という名の穴を開けた文庫本ケース)
から出たばかりのいずれ南天

ブログのタイトル絵にも使ってる写真ですねー
加工前は背景が乱雑です……
飲んで置いときっぱなしのマグカップとか(つд`;


090107_2


うひょぅふふふぅふフフフ
うはははははwwwww
かわええwwwwwwwwwww


車に乗せられて狭いところに閉じ込められて汚い部屋に連れてこられたためか
この写真は緊張気味なのでしょう。

何このタレ目ww
カワイすぎるww
丸いしwwww

同じ表情はこの日以降撮れていません。
残念。
いいけど。


2週間ほど毎日コネくりまわしてだいぶ懐いてきました。
落ち着いてきたのでそろそろブログとか始めてしまいました。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。