プロフィール

黒らぶ

Author:黒らぶ
ペットブログとか作ってご隠居するにはちと早いんじゃなかろうか。
前科1犯(ムシワキ)



南天:オカメインコ
ホワイトフェイス
ファロー謎パール
1歳
110gくらい
性別不明
→♀確定
マッタリ大胆系
好きなもの:OA機器・食べ物・編んである紐・綿棒



父さん妖怪の気配が!

黒沢:オカメインコ
どノーマル原種
10歳
75gくらい

積極的なビビリ
好きなもの:新聞折込広告・人間・糸・ディープキス


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒らぶが『かわいい!』と
思ったヒナは
女の子の可能性が高い。






という雌雄判別ジンクスを考察しています。
後半です。








なぜこんなことを考えているかというと、
黒らぶがオスを求めているからです。

今まさにオスっ子が欲しいのです。
悩んでいるのです。どの子がオスなのか!
遺伝でわかればいいけれど、そうそう判別可能なペアばかりではない!!

南天の時も本当はオスが欲しかったわけです。
090202_02
南天はちっさい頃からやっぱりかわいいですコンチクショウ(*´д`*;)









黒らぶの好みは




白っぽくて、
おっとりしている子





であるらしいのです。








100513_01
キミは写真でもおっとりして見えるよ。


















ここだ!

運命が分れるのはっ!!
















①白っぽくて という時点で
というか白っぽいってどんな好みだよ(´д`;)
それは好みか?いや好みだろ。美白好きだろ←逡巡。
ルチノーとかパール模様の大きい子というのが含まれるので大分女の子好き(女好きとか言うと語弊が……)に傾いてきます。
他にも『白っぽい』にはヘビーなパイドやファローやシルバーもストライクゾーンですよ。



そして
②おっとりっ子が好き、という部分ですよね!ポイントは!!
これもよく言われますけれど、(そしてよく一概に言えないとも言われている)
女の子はおっとり、男の子は活発な性格をしている。らしい!

活発っていうかキャラが立ってるって言うか……。














だからやっぱり黒らぶが好みで選ぶと、女の子である確率が高いっていうのは
あながちジンクスでもない気がしているのです!!







一目惚ればかりでお迎えしたら、
黒らぶ家は女子寮ですよ!!






















―――オスが欲しいなら、好みと逆な子を選んだらいいんじゃない?








というご意見もあるかと思いますが……?
でもそれも変な話ですよね。
愛情に差が出ちゃいませんかね。

男の子が欲しい理由もいくつかあるのですが、
やっぱり女の子カワイイ。
というところに戻ってきます。
ぺったりくっついてきて離れないところとか……
奥ゆかしいところとか……
ちょっと繊細なところとか……
女の子だと判明しても、『あぁこれから大変だぁ;』という気持ちはあれどもがっかりはしません。
だってやっぱりかわいいんですもの。
パールっ子であればパールも残るし。

100513_02



一方、色々やらかしてくれるオスの濃いキャラも良いのですが、コンニャロウ的に感じてしまったりもして。
こういうのは相性なのでしょう……
















黒らぶはいつも里親さんにワガママを言っています。
白っぽいのがいいだのおっとりしてるのがいいだのでもオスっぽいのが良いだの……。
困りますよね、スイマセン;



「ここのおうちの子が産まれたらぜひウチに……!」
と密かにそわそわ待望していたおうちの子にヒナが……。
里親募集されているわけではないのでダメモトでメールしてみると、
『2羽いるうちのどちらでも』というお返事……!

そしてなんということでしょう。
2羽とも白っぽい……。
(*´▽`*;)

さてどうしよう。
1羽だったら悩まないのになーとか思いつつ;
(というか私が選んでよいものなのでしょうか。もう一羽がお迎えされるおうちの希望は?)
遺伝的雌雄判別できればよいのですが、今回もそれは不可です。
「もしオスだった場合で南天とペアになった時に生まれるヒナの色」まで考えて何色が欲しいかとかまで考えています。
取らぬ狸どころか完全に妄想です。
妄想というか決め手がないのです。
DNAで選ぼうかな……。
好みで選んで女子寮かな……。
ていうかどっちもかわいい……。
あ、どっちもメスって可能性あるな……。
……。
…。











今ものすごい悩んでます。
でも何故か顔はニヤける。←気持ち悪い。

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   ブログランキングバナー

私が後悔しない性格なのは、
アクション前に限界まで悩むからなのだ。
もういいの!キミが、キミが好きだ!!


スポンサーサイト

品種の遺伝による判別以外の方法で
ヒナオカメの雌雄を見分けることは慣れた人でも難しいと言われています。



でも難しいけれど、
ブログをやっていく中で
頭の形が四角いほうがオス??(うろ覚え・・・)とか
パールにおいては比較的メスは色抜けが多いとか
色々教えていただいています。
きっとね、なんとなく『それっぽい』要素っていうのはあると思うんです。
ものすごいなんとなくすぎて素人目には全くわからん!ということなんだと思うんですよ。







黒らぶのオカメさん歴は4羽です。



①ルチノー ♀

②ルチノー ♀(西村)

③ノーマル ♂(黒沢)

④シナモンファローパール ♀
(南天)




オカメ歴は十数年ですが、
そんなにたくさん飼ったことがあるわけではありません。
でも女の子率が高めです。


なのでなんとなく感じているところがあります。
















黒らぶが
『かわいい!!』と思うヒナは
女の子の可能性が高い。


















これが黒らぶ的ヒナヒナ雌雄判別法です……。
方法というか、ジンクスみたいなものです。
今回はあまり期待せずにこれについて考察していこうと思います。





















ところで唯一の漢だった黒沢のお迎えに関してですが。



100513_04




黒沢はですね、ルチノー西村(おはげ)の相方としてノーマルをお迎えしようと思っていました。

でもなかなかノーマルが売っていなくて、

挿し餌の西村を連れてペットショップを巡りまくりました。







そして行き着いたジョイフル本田荒川沖店の透明ヒナケースの中に









ノーマルヒナが!!










いっぱいいて!!









100513_03








どれがどれだかわかんないので!!












適当に元気そうなのを選びました。
(´д`)














念願のノーマルを見つけた時にはすごく疲れていたのです。
それが黒沢です。





































でもまぁ、理論的に考えてみようぜ。








オカメの色変わりの品種って、性染色体由来のものが数としては多いです。
ルチノー、シナモン、パールはそうです。
参考【遺伝子型一覧表】
性染色体由来の表現形品種は女子が多くなり、体染色体由来の品種はオスメス同数です。





かなり乱暴にひっくるめて言ってしまうと、
女の子のほうが華やかというわけです。
何をもって美しいとするかどうかは人によって違いますし、その品種はメスしかいないという意味でもありません。
全体数に対して女の子のほうが、市場に出ている色変わりの個体数が多いです。
体染色体由来のファロー、エメラルド、ドミナントシルバー、レセッシブシルバーは現在でもペットショップでの扱いが少数です。
対してルチノー、シナモン、パールは割とメジャーですので、ペットショップでの女の子色変わり率はぐんとアップします。







ですので
ルチノー2羽が♀だったことと、ノーマル黒沢が♂だったことに関しては
遺伝的確率として考えると妥当であります。
(ルチノーには女子数が多く、ノーマルは男子が多い。)

黒らぶは色モノに弱いので、色変わりの子をかわいいと感じているところがあるのです。




後半に続く。



にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   ブログランキングバナー

理論とは自分を納得させるための根拠。


鳥の記事を書きたくて仕方ないのですが



南天てばいつも似たような写真。


100512_01


私はいつも作業する時、立てヒザをついています。
椅子でも立てヒザ。
何時間でも立てヒザ。
いつも右足。
右効きなのにねー?(手を動かすのにジャマ)
そのうち背骨の矯正が必要になると思います。

その曲げてる右足のヒザの上に乗っててくれるんですよねー。


かわいいです。
(*´д`*)







鳥が飽きてくるとコード齧られますけど。




















(自分で)耳穴をほじって
一人で悶えている黒沢を激写。





100512_02




夢中すぎて気付かれていません。
ここあったかいんだよねー。














忙しいけど、平和だ……。

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   ブログランキングバナー

ところで気になることがあったので追記しておきます。
    ↓

続きを読む »



相方に「透明人間になれるよ!!」
と言われた事件(事故)が起きました。
何のことだかサッパリわからんのですが、とにかく文字を打つのに支障がありました。
ちょっとこう・・・明記すると支障があるので書かないんですけど、
「透明人間」のキーワードでピンとくる方はいらっしゃるんでしょうか。
ゴメーンゴメンナサイ(´д`;;;











さて、繁殖されてるお宅では、オカメさん達は春に向けて準備期間というところなのでしょうか。













タマゴ騒動やら透明人間やらでワラワラしておりましたが、
南天はメスだということが判明致しましたので












10021_01




考察【南天の遺伝子に迫る:本編】より
南天はWFシナモンファローパールであることが確定しました。



南天父はWFシナモンファロー/spパール

南天母はWFルチノー/SPファロー
(ルチノーパールであるかどうかはこの結果からは確定できない)



です。



















なんでオスかと思っていたかどうかは、

伴性遺伝の法則により、

♂親が性染色体劣性遺伝子
の形質(シナモン・ルチノー等)の場合
「♀の子は♂親と同じ羽色になる」


となるからです。











なぜ法則どおりにならないのか。












いえ、法則通りであるはずです。

突然変異級のよっぽどのことがなければね!













南天の場合はシナモンであり、ファローでもあるので


シナモン→性染色体

ファロー→常染色体


と別々の染色体上でそれぞれが発色しているはずです。













はず!!
( ゜□ ゜)




















しかし、シナモンファローとは言ってるけれど




南天の見た目は
完全にファローです。





100221_02


赤い目にピンクの足とクチバシ、
体は淡いオフホワイト(のパール)














ファロー(薄色赤目)がシナモン(濃色黒目)より優先的に表現されるということに、
なんていうか~、感覚的な意外性はあります。
人間だと大抵色が濃いほうが優性遺伝ですしね~?












ここで1ヶ月くらい悩んでました。







**********しばらくお待ちください。***********


※ このへんからもう読まなくていいです。(´д`)







なぜだ?オカシイ。
シナモンファローがなんでファローなんだ?


優性遺伝子の形質が現れる表現型、とも違うんですよね。
あくまで同列に表現されているはずなのに、同時に発現する「シナモンファロー」という色ではなくて、
シナモンが消えてファローになってしまうんです。

ファローの体色はかなり濃淡の個体差があり、シナモンに近い茶色からほとんど白でルチノーと区別がつきにくいものまでいるみたいですから、体色では区別がつきにくいかもしれません。
はっきり分れる可能性があるのは目の色かな。
黒目なの?赤目なの?中間的に葡萄目なのか?
ショップさんとかですと、「赤目ですが色が濃いのでシナモン入ってます」とか「薄いのでルチノー入ってます」とか書かれていたりもします。
そういうもの・・・なのだろうか!?
二つ合わさってちょうど中間になるとは限らないのが遺伝だし。
そこに何か法則はないのだろうか?

そもそも常染色体と性染色体で同じ作用(体色)に影響するって珍しくないですか?
他の鳥や動物でも同じような例はあるのかなー。
伴性遺伝てだけで非優先になるのでしょうか。
ルチシナの場合は、見た目シナモンになるそうなんですが(全ての場合そうなるのかどうかは不明)、シナモンのほうが色が濃いからルチノーが埋もれてしまうんでしょうか。
シナモンファローの場合は色の薄いファローのほうが優先なのかよ??

シナモンファローの個体をたくさん見て羽色を比較
すれば答えがわかるんでしょうか。
私の知る南天以外のシナモンファローは2羽

①元親ポコさん宅の南天の父グレイ様
南天お迎えの時に「この子ですよ!」と見せてもらったような気がするんですが、全然羽色を覚えていません。
どっちかっていうとマメ太義父さんの印象のほうが強くて・・・

②モモちゃん号さんちのるび太ちゃん(♀)
シナモンの両親から生まれた赤目の女の子。
やっぱり見た目はファローに見えます

「シナモン持っているはずなのに見た目ファロー」というケースは多いかもしれないのですが、
もし「見た目シナモンで実はファローでもあった」という逆のケースがあり得るならば、それは発覚しにくそうなので(シナモンになって当然だと思っているから。)
本当は巣引きをさせてシナモンファローを産ませるのが確実かもな!

じゃあ南天のムコさんにするのにファロー以外でシナモンファローの子供が産まれる相手は・・・・・




・・・・・



・・・



・・















しかし。








ちょっと待て。
シナモンとファローがどっちが優先という話じゃない。
シナモンとファローは対立遺伝子ではない。
どっちも表現されているのに
ファロー
なんだ。











そこにどうも引っかかっていたんだろう?



















「シナモンはシナモン色で黒目の品種」
「ファローはファロー色で赤目の品種」

そう考えるからおかしくなるのだ。























そして徐々に気付きました。























品種がどう、ではない。
















色素レベルで考えてみると


















「シナモンは、黒のメラニン色素をシナモン色に変色させる遺伝子」
である。









そして







「ファローは、
黒のメラニン色素を変色させ、
かつ
淡色化させる遺伝子」



(゜□゜)
なのかぁっ!!













090419_04









だから、シナモンとファローでは体色が似たようなもんなので同じような体色(茶色)になり、
ファローの淡色化が現れ、見た目上はファローなのか!













オカメの繁殖家さんから見たら、当り前のことなのかもしれないし、間違った考え方なのかもしれません。

私は実際に繁殖させているわけでも色素を測定して確認しているわけでもないので、
あくまでも推論でしかないのですが

しかしそう考えると全て法則通りに丸く納まるのです。











ここまで考えたところで調べてみると、他の種類のインコさんの場合ですと、ファローはそういうもんであるとあっさり書いてあったりして……。
オカメの場合はあまり明記されているところがないのは何故・・・?
海外の専門書とかがんばって読もうかなぁ?
書いてある本とかあるかなぁ・・・?
オカメは何の色素を持っているのかが知りたいんですよねー
メラニンはユーメラニンだけじゃなくてフェオメラニンとかも持ってるんでしょうか。
(あ、マズイ。はまりこむパターンだ;)











ついでにこの『グレー色素を変色させ淡色化』というファロー
シナモン以外の他の品種と組み合わさった場合を予想してみますと




シナモンファローの場合は→ファロー じゃないですか。

ルチノーファロー → 目がより赤いルチノー
(ルチノーはもともとメラニン色素を抑制している)

エメラルドファロー → なんかもやもやしたファロー
(エメラルドのグレー色素のみを変色させ更に淡色化)

レセッシブシルバーファロー → ファローよりも色の薄いファロー
(もともと淡いRシルバーを更に淡くしたファロー)

ドミナントシルバーファロー → 謎。
ドミナントシルバーの色も普通のメラニンならファロー・・・かなぁ・・・?



て感じになるんでしょうか……?

まぁ何種だかよくわからん品種作るのはどうかと思いますので、私が実際巣引きして確認とかはしないですが……
エメラルドファローとかDSファローとかはどんなもんだか見てみたい気はします。






090930_01





シナモンファローだから色が濃いめ、というのは一概に言えないような気がします。


ファロー遺伝子が淡色化を強く働かせるかどうかにはムラがあるようなので、同じファローでも個体で濃淡の差が大きいとのこと。
もっとも、ほとんどシナモンに見えてしまうくらい淡色化が全く働いていないサボリファローが存在する可能性もありますが。
そんな個体はファローペアの子供でない限り、ファローSPとして認識されるのでしょうね。



こんなふうに不安定な品種の色合いの品種は、色を固定というか安定させるために交配相手の持っている色素を考慮しなければならないそうです。
以前ファロー同士の交配を避けるべきか否かみたいな考察を書きましたが、
もしかするとファロー同士を掛け合わせ続けていくと、あのファロー色は保てなくなってしまうとかもあるのかもしれません。
淡色化に淡色化がどんどん重なっていって白くなっちゃうとかね。











てな感じで



書いては直し書いては直ししていた記事なのでずいぶん長くなってしまいましたが



これが南天謎ファローの答えだっ!!























スッキリしました。


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   ブログランキングバナー


せっかく遺伝子型表とか作ったのに、活用されませんでした……
一生懸命シナモンファローが生まれてくる組み合わせを考えていたんですけどね。







前記事
【判明の瞬間1:オトメなオカメ】
【判明の瞬間2:ぽんこぽこん】







ここのところ南天の様子がなんだかおかしいのですが







091129_03














まぁ、もう寝る時間だし

   (ノ・_・)ノΠ ←毛布













 
(・_・ )......      Π
















(・_・ )         Π

















キニナル→( ; ・_・)σЛペラッ
   












091130_02
































      アッ!!?;





























      ちょっ…!?




      待っっ!!?;




      えっ!??;;









      おくさん!!!






















091130_01














タマゴ!!!
Σ(っ゚Д゚;)っ


























あぁ~~やはりきたか~~~;;;



だいたい予想はついていたけれど、動揺してしまいました;
どうなんだろう。
赤飯炊くべきなんでしょうか……。

一歳になりましたー記事を書いたとたんに、
タマゴ産みましたー記事をUPすることになりました。
きっちり1年で大人の証拠を見せてくれました;













プロフィールも修正しました。
      ↓ 




091130_03






























遺伝的に謎の多かった
不思議ファローパール
南天の性別は




090701_01



女の子でした!!

今まで見守ってきてくださった方々ありがとうございます!

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ   ブログランキングバナー

当初の目的「性別確定」達成されましたが、
タマゴの問題とか、遺伝の問題とか考えることたくさんあるので続きます。


 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。